■「お客様第一」の商品づくり■

お客さまの声を商品に生かします。

イオンのプライベートブランドである「トップバリュ」。
それは一個のカップラーメンの開発から始まりました。
よい商品をより安く提供することを目標とした、プライベートブランドの先駆けです。
それはまさに今日のイオンとしての企業姿勢につながっています。

トップバリュの歩み

1974

カップラーメン「ジェーカップ」を発売

1975~

プライベートブランド開発をスタート

1994

「トップバリュー」として発売

2000

ブランドを統合し「トップバリュ」として発売

アレルギー対策の商品開発

近年はアレルギーを持った方でも安心して食べられる商品の開発にもますます力を入れています。
「やさしごはん」(https://www.topvalu.net/yasashi-gohan)の活動がその一例です。
食物アレルギーを持つ人でもみんなで一緒に食卓を囲めるように、特定原材料7品目に加え、推奨されている20品目についても表示を行うよう
にしており、コンタミネーション※も考慮しつつ、素材に配慮した商品が続々と発売されています。

Satellite office Site

(※コンタミネーション:製造工程上の問題により、製造ラインに残ったアレルゲンが意図ぜず混入してしまうこと。)

レシピ公開・動画紹介

豊富な商品ラインナップに加え、材料を用いてのレシピの公開、動画での紹介も行っており、活動は多岐に渡っています。

■「おこめでつくったケーキミックス粉」を使った料理の⼀例

arrange

  • DiG

    ■⽶粉でパリッと!

    「ジューシーフライドチキン」

  • DiG

    ■⽶粉でふわもち!

    「ホットケーキタワー」

企業としての全ての活動は、設立当初のスローガンである「お客様第一」に基づいており、よりよい商品をより 安くという姿勢が、文字通り全てのお客様に向けてのものであるということに、グローバルに展開する企業とし ての誇りが感じられます。